大阪ミナミ・大阪キタの風俗営業、深夜酒類、古物営業、酒販業、建設業等、大阪の許可申請ならお任せください。

確かな実績【全国対応/土日祝日夜間も対応】大阪で行政書士をお探しなら

行政書士西山法務綜合事務所

〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-8-1 行成ビル5階

基本の
営業時間

9:00~19:00
(土日祝を除く)

その他

休日夜間対応/全国対応

土日祝夜間も対応可能
お気軽にお問合せください

06-6585-9973

深夜酒類提供飲食店営業開始届出

こちらは、許可申請ではなく、届出になります。営業開始をしたい日の10日前までに管轄の警察署に届け出ます。(逆に言えば、書類を提出してから10日後から営業可能)

風俗営業の「2号営業(社交飲食店)」との違い

簡単に言えば、深夜酒類は12時を超えて深夜も営業できますが、接待行為はできません。

2号営業は接待行為ができますが、深夜営業ができず、0時(一部地域では1時)には閉店しないといけません。

よくある問い合わせ 
「0時までは2号営業、深夜からは深夜酒類で営業できますか?」

現在の大阪府ではこういった形態は一切認めていません。

禁止地域(大阪の場合)

用途地域が住居地域になっている場所では営業できません。繁華街以外の場所で深夜酒類営業を考えておられる場合は、賃貸契約をする前に用途地域を調査する必要があります。近所で同じような店があっても安易に大丈夫だろうと安心してはいけません。そのお店が「違法営業」の可能性もあります。

住居地域でも例外的に出来る場所もあります。

大阪府の風営法の施行規則で特別にOKとなっている場所もあります。(特定の路線の駅出入り口周辺・特定の道路沿いなど)

「8号営業(ゲームセンター)」について

バーの中に1台でも電子ダーツなどを置いている場合は「8号営業(ゲームセンター)」になります。ただし、その「遊技面積」が「客室面積の10%未満」の場合は8号許可申請は不要です。

カウンター越しなら深夜酒類?

 よく言われるのが、「横に座ったら2号・対面(カウンター越し)は深夜酒類でOK」というもの。しかし、そのようなルールはどこにもありませんし、何の法的根拠もありません。まさに「どこから湧いたか分からない都市伝説」のようなものです。接待をしてしまえば、対面だろうが隣だろうが2号営業です。

~接待行為の例~

  • 特定少数の客と談笑する。
  • お酌をする。
  • 客とゲームやカラオケをする。客にカラオケを勧める。
  • 客のカラオケに手拍子する。など。

報酬額表

深夜酒類提供飲食店の届出60000円~

必要書類の取得や交通費等の実費・消費税は別途発生します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

06-6585-9973

受付時間:9:00~19:00

※時間外や休日の面談も受け付けております。

 

〒550-0013 

大阪府大阪市西区新町1-8-1 行成ビル5階

行政書士西山法務綜合事務所

当事務所アクセス

06-6585-9973

住所

〒550-0013
大阪市西区新町1-8-1

地下鉄四ツ橋駅1番A出口 徒歩2分

営業時間

9:00~19:00

営業時間に関わらず面談予約等は受け付けております。

休業日

土曜日・日曜日・祝日

休日のご相談も可能です。

お気軽にご相談ください。

免責事項等

当サイトの情報は、可能な限り最新の情報となるよう留意しておりますが、法改正や法解釈の相違などにより齟齬が生じる場合もございます。
予めご了承の上、利用者自身の責任のもとでご利用ください。
万が一、当サイト内容の独自利用により生じた損害につきましては、当事務所では一切の責任を負いかねます。
 
 
また、当事務所の許可なく当サイトの内容の全部又は一部の転載・転用することは一切禁じます。